同人サークルフルーツポットのサイト

同棲花盛り(石谷春貴の場合)

購入ページ

同棲花盛り-石谷春貴の場合- 音声データおよび5万円コース

https://fruitpot.booth.pm/items/1131416

1万円コース、3万円(1)(2)コース

https://fruitpot.booth.pm/items/1131447

キャラクター

若村 シュン(わかむら しゅん)

性別:男

年齢:23歳

誕生日:5/23

血液型:A型

 

身長:178cm

体重:71kg

チャームポイント:人懐っこい笑顔

 

職業:サッカー選手

趣味:サッカー、食べ歩き

 

好き:体を動かすこと、犬

嫌い:雨の日

 

 

【導入】

シュンとあなたは、家族ぐるみで付き合いのある幼馴染みです。幼少期から、互いに最も心許せる相手として、長年、微笑ましい関係を築いてきました。

しかし、サッカーが得意なシュンがスポーツ推薦によって、別の高校へ進学したことをきっかけに、あなたたちは自然と疎遠になり、ここ数年は顔を合わせることもなく、また、これといって連絡をとることもありませんでした。

 

ある日、実家に帰省したあなたは、偶然にも、同時期に帰省していたシュンと再会します。夢を叶え、サッカー選手になったシュンの姿は、全く別世界の人間にも見えました。しかし、懐かしそうに、そして心底嬉しそうに声をかけてきたシュンは、以前と何一つ変わらない、大切な幼馴染みの姿でもありました。

それからは、空白の時間を埋めるように、シュンとあなたは頻繁に連絡を取り合うようになります。やがて、俊からの告白によって、あなたたちはめでたく結ばれることとなりました。

 

ある日、俊は少しでも二人で過ごす時間を増やしたいと、あなたとの同棲を提案してきます。あなたは、遠征試合等で留守にすることが多く、忙しいシュンのことを考え、その申し出を快く了承しました。

 

互いをよく知る幼馴染みとは言え、付き合ってまだ日も浅く、互いに別々の道を歩んできた二人。

相手の知らない顔に戸惑いながらも、暖かく楽しい共同生活を過ごしているようです。

 

【台詞】

「ただいま! 甘いモン買ってきたぞー。一緒に食おうぜ!」

「お前の隣は俺専用なんだよ。……ずっと昔から決まってただろ」

「もう、お前と別々なんて嫌だ……一生、側にいてくれ」

 

【呼称】

俺/お前

 

勢田 ユウゴ(せた ゆうご)

性別:男

年齢:22歳

誕生日:10/14

血液型:B型

 

身長:182cm

体重:69kg

チャームポイント:指の長い手

 

職業:ギタリスト

趣味:ゲーム

 

好き:ライブ、先輩、笑顔

嫌い:ブラックコーヒー

 

【導入】

ユウゴは、人気急上昇中のバンドに所属するギタリストです。

長年、自分のやりたいことが見出せずに、くすぶった感情を持て余していましたが、彼が「先輩」と呼ぶ人物にギターの才能を見出され、現在のバンドに加入することになりました。そこで彼はギターと作曲の才能を開花させ、バンドの人気を牽引する中心メンバーの一人となっていきます。

 

あなたとの出会いは、まだバンドがデビューしたばかりの頃、ユウゴから声をかけてきたことがきっかけです。

ユウゴは前座として出演していたライブで、ステージを見上げるあなたの笑顔に強く惹かれ、ライブの終了後にあなたを探して声をかけてきました。

 

突然の接触やユウゴの立場に警戒していたあなたでしたが、二人で過ごす内に、彼が持つ誠実さを感じ取り、やがて付き合い始めることになりました。しかし、デビューしたばかりのユウゴは、お世辞にも金銭的余裕があるとは言い難く、やむなく二人は節約のため、と共同生活を始めることになります。

 

半ばなし崩し的に始まった共同生活でしたが、常に先輩の背を追い続け、きらきらと眩しいステージに立ち続けるユウゴにとって、あなたとの生活は、彼にとっては唯一安らぎを感じる、かけがえのない場所になっていきました。

経済的に余裕ができ、有名人となった今となっても、ユウゴはあなたとの生活を止めるつもりはなさそうです。

 

【セリフ】

「今度のライブ、来てくれるんだろ。アンタと先輩がいれば、それだけでオレは無敵なんだぜ」

「アンタが笑ってんのが見えるとさ、マジで心があったかくなるんだ」

「オレはもっと上に行く。先輩とアンタに……テッペンの景色、見せてやるよ」

 

【呼称】

オレ/アンタ

駒路 タケミ(こまじ たけみ)

性別:男

年齢:28歳

誕生日:1月25日

血液型:A型

 

身長:182cm

体重:85kg

チャームポイント:よく鍛えられた体

 

職業:自衛官幹部

趣味:盆栽、剣道

 

好き:たくあん、大福

嫌い:ネズミ

 

【導入】

タケミはあなたが居候させてもらっている家の家主でもあり、自衛官の幹部でもあります。

二人の出会いは、日々の業務に追われ、とうとう通勤途中に動けなくなってしまったあなたに、タケミが声をかけてきたことがきっかけでした。

 

精神的に参っていたあなたは、言葉を選びながらも話を聞いてくれるタケミに、仕事に行きたくない、しかし働かなくては暮らしていけない……と、思わず心情を吐露してしまいます。タケミは、あなたの気が済むまで、ただ話を聞いていましたが、唐突に自分の家で暮らすことを提案してきました。

タケミの提案にあなたは面食らってしまいましたが、半ば自暴自棄になっていたのもあり、そのままタケミの家に居候することを決めました。

 

タケミの自宅は、非常に大きな武家屋敷でした。彼は、自宅にやってきたあなたに対し、何を求めるでもなく、あなたが居たいだけ居れば良いと伝えます。

武骨なタケミの態度は何を考えているのか判りにくく、あなたは戸惑いを覚えます。しかし、広い屋敷の中で、一人暮らすタケミの姿に、もの寂しさを感じ取ったあなたは、そのまま共同生活を続けることを決めました。

 

奇妙なきっかけで始まった共同生活でしたが、二人の間で流れる、穏やかなでゆっくりとした時間は、タケミにとってはかけがえのないものになりつつあるようです。

 

【セリフ】

「この漬け物か? 俺が漬けている。……なんだ、その顔は。そんなにおかしいか」

「お前が居てくれると、助かる。……いや、違うな。……居て欲しい」

「良い満月だな。あー、その……月が綺麗だ。――いや、なんでも無い」

 

【呼称】

俺/お前

頼冨 ナツキ(よりとみ なつき)

性別:男

年齢:20歳

誕生日:6月22日

血液型:AB型

 

身長:175cm

体重:56kg

チャームポイント:泣きボクロ

 

職業:資産家

趣味:買い物

 

好き:珍しいもの

嫌い:退屈、兄弟

 

 

【導入】

ナツキは退屈を持て余している資産家です。

 

ある日、ナツキは暇つぶしに、街中でたまたま目に留まったあなたを、自分好みに仕立て上げるという遊びを思いつきました。そのまま彼は、あなたのことを拉致同然に連れ去り、自分と一緒にマンションで暮らすように命じてきます。

 

突然の事態、そして見たこともないような高さのタワーマンションの景色に、あなたは呆然するしかありませんでした。そんなあなたに対し、ナツキは次々と高級なエステを施し、ハイブランドの洋服を買い与え、あなたをすっかり磨き上げてしまいます。

更に、その日のうちに、あなたの部屋の契約を解除し、家財すらもすっかり処分してしまいます。あっという間に帰る家を失ったあなたは、やむなく一緒に暮らすことを受け入れざるを得ませんでした。

 

ナツキの横暴さに、当初こそは強い反発を覚えていたあなたでしたが、ナツキはそんなあなたにお構いなしに、次々とくだらないイタズラや、サプライズを仕掛けては、心底楽しそうにしています。ナツキは、あなたと過ごすようになってから、日々の楽しみを見出し、物憂げな表情を浮かべることはすっかり少なくなりました。

 

しかし、ナツキは時折、どこかに出かけては厳しい顔をして帰ってきます。どうやら、資産の分割を巡って兄弟と会っているらしく、彼等がいがみ合っている姿を醜いと感じ、強く嫌悪しているようです。

そんな時、ナツキは少し弱った表情であなたを呼び寄せ、自分が感じる美しいと思うものを再確認します。

ナツキにとって、あなたと過ごす時間は、最も美しく尊いものなのかもしれません。

 

【セリフ】

「良い表情をしている。僕はね、君のことを好ましいと思っているよ」

「驚いた? あのケーキを全部買い占めたんだ。すごい光景だろ? 甘い匂いでむせ返りそうだ」

「こっちに来てくれないか……? 君を見たい。君は僕が知る中で、最も美しいんだ……」

 

【呼称】

僕/君

出演声優

石谷春貴

 

主な出演作

・「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」伝木凱タモツ

・「アイカツフレンズ!」 友希かずね

・「響け!ユーフォニアム」 塚本秀一

・「ダイヤのA -SECOND SEASON-」東尾修二

・「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」 山田二郎

 

《その他 多数出演》

 

イラストレーター

佐倉えび

Twitter https://twitter.com/skr017

・映画「CHATZONE」「猫カフェ」デジタルノベライズ版イラスト担当

・カワウソカフェ「池袋コツメイト」公式レポマンガ担当

・矢立文庫(サンライズ)マンガ「すりーぴーす」連載

ライター脚本担当

落合 悠(エッジワークス)
・ストリートファイターV
・ソードアートオンライン フェイタルバレット
PAGETOP
Copyright © フルーツポット 2018 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.